FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おうちで旅行

2013年09月13日 11:44

だんだん放置期間が長くなることが不安な今日この頃、約1週間、いや10日、旅に出ておりました。約200年前の香川県丸亀市のあたり。

前から気になってた宮部みゆきさんの「孤宿の人」が、尊敬する先輩のおススメ本だと聞いて「じゃあ次にお会いするまでに読んでおかねばー」というきっかけに背中押されて数ページ読んだら心が飛びました。
面白いとか登場人物に惚れるとか(加賀殿はもろタイプだけど。なっかなか出てこんけども)ももちろんだけど、その舞台で自分も生活してるような錯覚が楽しくてたまらんかったです。
登場人物の後ろを追っかけて心配したり腹立てたり、暗いお屋敷に忍び込んで幽閉された罪人と純真な幼女の交流に萌えのぼせたりした本当に充実した旅でした。
デジャブってもしかしてこうして読書によって想像した世界と偶然似た世界に出会った時に起こるんじゃなかろうか?
とふと思いました。違うか。

こういう旅行ばっかりしてて家事とか送り迎えとか無い世界に住みたいなー病に今は罹っています。
多分治らないと思うけど。
そして病と言えばこの間テレビで「八日目の蝉」を見たせいで、もし実写化するなら加賀殿は田中泯さんにやって欲しい病も治りそうにないです。

ところでこのお話、ラジオ名作劇場でやってたんですね。(ようつべで知った)
この登場人物の多い話をたった2人で演じるなんて!
西田さんてやっぱり偉大だー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。